読み会

December 21, 2013 at 12:01PM


第15夜。

ありがとうございました。

夏目漱石「草枕」の一章と九章を読みました。

一章は、山路をいく主人公が自分の考えを

歩きながら考えているというチャプターだったので、

物語がなく、筋らしい筋がなく、

しかも難しい言葉も多く出てきます。

文字、活字で読むと(黙読ですね)と

その漢字が読めなくとも、

その漢字から伝わるイメージで

読み進めていけますが、

その逆、リーディング(音読)になると

なかなか伝わりにくい部分もあるかとは思いましたが、

あえて読んでみました。

九章はまるで戯曲かのように会話がつづくチャプター、

登場する男と女の九章にいたるまでの関係性を知らなくとも、

見えてくるものも、あるように思えます。

漱石はこの章で、小説なんかは初めから終いまで順によまなくても

面白いものだと、言っています。

それにならって、又、機会があれば、他の章も読みたいと

思っています。その時はどうぞよろしく。