漱石

March 20, 2014 at 11:17AM


読み会 第十七夜 夏目漱石「草枕」(その2)

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

草枕、これまで読み会で2回、計5章を読みました。

この2回は地の文をはしぐちが、会話の部分を

佐藤あいさん、くるぶしさんにお手伝いいただいて

とてもいい感じになったなと思ってます。



しかしまあ、漱石、なかなか手強いのです。

現代口語じゃないし、難しい言葉が多いんで、

日本語なのに外国語を聞いている状態になってしまうんです。

文庫本で本文が174頁に対して、注釈が35頁もあるんです。

普通に読んでても、ちょいちょい注釈を必要とする本作。

今後、これをそのまま読むのか、

もう少し解りやすくするのか、

その辺がちと思案中なわけです。



また、読みます。

また、劇場で。