自殺

April 18, 2014 at 06:27PM


末井昭さんの著書である。

色んな人に読んで欲しい一冊でだ。












その末井さん、

「生き心地の良い町」の著者、岡檀さん、

司会が小堀純さんというトークショーを観に行った。

岡さんの「生き心地の良い町」は未読。

事前に読んでおくべきだったと、ちょっと後悔。














末井さんの「自殺」の紹介にはこうある。

『母親のダイナマイト心中から約60年ーー衝撃の半生と自殺者への想い、

「悼む」ということ。伝説の編集者がひょうひょうと丸裸で綴る。

笑って脱力して、きっと死ぬのがバカらしくなります。』

末井さんは語る。

書けないことが書けてくると、気持ちが楽になる、と。

自分の身の回りで起こった様々な出来事を

客観視してフィクション化して、書く。

つまり、物語にする。

末井さんはお母様のことを物語にすることで

棘がとれていったのだと思う。

本を読んだ時も感じたが、改めて

物語の可能性を感じた。