読みました。

June 23, 2014 at 03:23PM


まずは「城の崎にて」。

短編なので、立ち読みでも読めます。

はしぐちは立ち寄った図書館で志賀直哉全集をパラパラと開きました。

いや、素晴らしかった。

多分、小学生の高学年のころか中学生の時に読んでるはずなんですけど、

全然、覚えてなかったです。ってか、小中学生にはこれ分からんやろって思いました。

そこには生と死、偶然生きているものと、たまたま死に至るものが

淡々と綴られておりまして、ホント素晴らしかった。

とりあえず、クリッククリックして購入しました。









城の崎にて・小僧の神様

著者:志賀直哉

価格:555円(税込、送料込)

楽天ブックスで詳細を見る








で、土曜日。読んできました「草枕」。

AAFリージョナル・シアター2014~大阪と愛知vol.1~

「文豪コネクション」関連企画 夏目漱石リーディング

虚構オメガの長谷川公次郎さん演出の「行人」

南船北馬の棚瀬美幸さん演出の「吾輩は猫である」に続きまして、

三番目の登場でした。

長谷川さんのところが10人以上の大所帯、棚瀬さんのところも8名、

はしぐちは鉢野と二人きりで少しさみしい気もしましたが、

まあ、そこはそれ、いつも通り、淡々と読み進めました。

会場となったのが、愛知県芸術文化センター フォーラムⅡ。

地下2階の吹き抜けのロビーでした。

ロビーということもあって反響と周りの音に、色々かき消されてしまって、

後方の席のお客様には、ちょっと聞こえにくいところがあったかもしれません。

申し訳なかったです。でも予想以上のお客様に集まっていただきまして、

増席もすることとなり、本当にありがとうございました。

また、あけぼの座でも、読みたいと思っておりますので、

是非、津までお越しいただければ、幸いです。



次がホントにジャブジャブサーキット「ディラックの花嫁」大阪公演です。

よろしくお願いします。チケットはこちらから